イギリス貧乏暮らしブログ    ただし猫つき

貧乏だけど楽しく暮らそうをモットーに頑張ります♪

(嫁) 猫と一緒にイギリスで暮らす - ニラのウールサッキング対策

うちには2匹の猫がいて、1匹は夜鳴きがひどいと紹介したキジトラのタマ、もう一匹は茶白のニラです。

 

ニラは生後3か月のときにタマのお友達として近所の保護主さんからもらったのですが、その後すぐにウールサッキングの症状が出るようになってしまいました。

 

ニラの場合大変困ったことに布だけでなく手当たり次第になんでも食べる雑食型。

カーペットの細かいチリですらキレイになめとる始末。。(;'∀')

 

日本にいたときは部屋に余裕があったので、猫たち専用の部屋をあげることが出来、

何もおかない殺風景なお部屋でなんとか被害を防いでいました。

 

が、イギリスに来てからは、猫様専用のお部屋などもてるはずもなく、私たちとの共同部屋にニラタマを置くことに。

 

案の定、ニラが手当たり次第にいろんなものを食べ始め、最終的に旦那のヒートテックの1/3ぐらいを食いちぎり飲み込んでしまったり。今後どうしたらいいものかと本気で悩みました。。(´;ω;`)

 

食べようとしたときに、「こら」とか「だめ」を繰り返していたところ、

やることなすこと全て怒られるので怖いおばさんと思われ嫌われてしまい、飼い主なのにシャーシャー言われる始末。

じゃあもうケージに入れていこうと思いケージに入れておけば タマだけ出してもらってずるいと抗議鳴き。。。八方ふさがりで辛い。。。(;´Д`)

 

正直、一緒にいてもお互いにHappyじゃないなと思い、裕福な家庭で猫専用のお部屋で飼ってもらえたほうがニラにとって幸せなんじゃないだろうかと真剣に考え、

イギリスにある、新しい里親さんを探してもらう団体に預けようかと旦那と話していました。

もとの飼い主さんが引き取ると望めば、どちらかが帰国のタイミングでニラを日本へ連れて行こうかと具体的な話もしていました。

 

ただ懸念は、酷いウールサッキングなので新しい飼い主さんがみつからないだろうということ。ウールサッキング以外は、気持ちも優しい子でタマのことが大好きでとてもいい子なんですが。。。

一度、状況を話してみようと思いその団体に連絡をとってみることに。

ウールサッキングが酷くてケージから出してあげれなくて可哀想だから、猫専用のお部屋がある人のもとに里親に出そうかと考えているんですがと。

 

するとすぐにお返事をいただけました。

 

「ウールサッキングは病気ではなく、一種の癖なので年齢とともに落ち着いていきます。なのでもうちょっと様子をみていただけませんか?」という内容+遠まわしにウールサッキング猫はwelcomeじゃない的な雰囲気のお返事。

お返事には癖なので落ち着いていくはずと書かれているものの、ウールサッキングは1-2歳の間に治らなければ一生治らないとどこかのWebで書いてあったため、ニラはもう厳しいかもな。。と思い別の方法を考えることに。

 

1ポンドショップで犬用のリードと首輪を見つけたので購入し、ケージから出してあげているときはリードでつないでおくことにしました。

 

f:id:katzeniratama:20160411081136p:plain

 

リードで届く範囲には、ニラがかじれるものは何もおかず、その範囲内だけはとにかく自由にさせてあげるようにしました。

 

ニラ自身も、リード内であれば自由に出来る+怒られないので以前より気持ちが楽なのか少しずつのびのびとしてくるように。

 

f:id:katzeniratama:20160411081010p:plain

こーんな感じでのびっと 笑 のびすぎ w

 

ネットでウールサッキンング対策を調べると「リードにつなげるなんて可哀想だ」とか、「ずっとケージに入れておくなんて可哀想」という声が多く、正直ウールサッキンング対策にリードを使うことやケージに入れることを後ろめたく思っていたのですが

そのお家のやり方で、猫も人も出来る限りストレスを溜めないようにうまく取り入れていってもいいと思っています。

少なくともうちのニラは前より幸せそうに見えるので、取り入れて良かったなと思っています。

 

+効果があったと感じているのは先日ご紹介したPetRemedy

katzeniratama.hatenablog.com

 

これを使い始めてから、ニラのウールサッキンングの症状が落ち着いてきたような気がします。

日に日に少しずつ症状が良くなってきているのでこのまま完治するといいなぁ♪

 

f:id:katzeniratama:20160411081215p:plain

 

やっぱり2匹一緒のほうがいいよね(´∀`∩♥

一緒に頑張ろうね♥