イギリス貧乏暮らしブログ    ただし猫つき

貧乏だけど楽しく暮らそうをモットーに頑張ります♪

(嫁) 猫と一緒にイギリスで暮らそう ⑦オランダ出国 by 船

2015年12月31日

猫を連れてオランダを出国~

 

ホテルからアムステルダムまで行き、港行きまでの列車に乗りました。

この時、列車の時刻に間に合わなそうで、チケットなしで乗り込んだ私。

 

乗り込む前に、オランダの女の子に「チケットって列車内で買えるの?」と聞いたら

車内では買えないからInformation で聞いて買えとのこと。

いや時間ないからこのまま乗るわ!という私に エエエ!?チケットないのに乗るなんてありえないよ!ってビックリする女の子。

 

いやそんな時間ないから あたしゃなんとかするよ!! と呆れるその女の子を尻目に飛び乗りました。

 

一番後ろの車両から一番前の車両まで走り「チケット持ってないから買いたいんだけど!」とドアを叩きまくって車掌さんを呼び出しました。

 

車掌さん「コーディネーターがいるからまた後ろの車両に向かって戻って」

 

私「え?今一番 後ろから走ってきたんだけど 見なかったよ!?」

 

車掌さん「いや、いるからもう一回いってみて(笑)」

 

どうやら全力で走っている間に追い越した?模様。。もーなんなん 私。

 

また戻ったらコーディネータ発見! 見つけた~と近寄ったら「車掌から連絡あったわ。チケット買いたい子ね はいはい」と精算してくれました。

 

本当はオランダのルールで乗車券を買わずに乗ったら通常料金の4倍くらいの罰金がとられるようですが、「あなたは自分から私を探しに来ていたから特別に見逃してあげるわ」と神のお言葉。。。

 

電車の中はこんな感じ

f:id:katzeniratama:20160119061356j:plain

 

 

そんなこんなで無事に港に到着。

 

港では、猫のチェックは特別なスタッフがやるからベンチで待機するようにと指示。

 

待つこと10分。猫のチェックでスタッフがやってきました。

昨日作ってもらったペットパスポートと輸出に関わる全ての書類を渡しました。

 

マイクロチップのスキャンもそれぞれ終わり、審査。

 

 

 

。。。。。。。。。

 

 

。。。。。

 

長い。。。

 

輸出前から、引っかかるならここだろうと思っていたので、すごく緊張。

 

 

近寄ってくるスタッフ。

 

スタッフ

「このペットパスポート意味ないよ(ゴミだよ)!これじゃ輸出できないからね。狂犬病予防接種の記録がないから。これ発行した獣医に書きなおしてもらったほうがいいよ。でも日本の証明書(輸出申告書と狂犬病血液検査)があるから出国出来るから」

 

Remember, You can not export them by these pets passports but you can do that by this document.

 

えええええええ!やっぱり!? 

でも 輸出許してくれるの? 良かった・・・ 一瞬 超焦った。。。(泣)

 

そんなこんなで無事?にオランダの輸出検査も済み、出国出来ることになりました。

 

⑧船の移動 - イギリス上陸 に続く