読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス貧乏暮らしブログ    ただし猫つき

貧乏だけど楽しく暮らそうをモットーに頑張ります♪

(嫁) 猫と一緒にイギリスで暮らそう ⑤オランダ到着

日を同じくして2015年12月30日、オランダに到着~!

 

機内では、愛猫2匹が心配で気が気でなかったため、到着後は荷物受取に走りました。

 

日本でKLMオランダ航空の方に

「猫ちゃんはスタッフが手で運んできて荷物受取のところで渡しますので」

と聞いていたので、ベルトコンベアの前で待つこと10分。

 

。。。。。。。

 

・・・・・・?

 

 

え? 来ないよ?

 

心配なので近くにいたKLMオランダ航空のスタッフさんに、猫はどこにいるのか聞いたところ

「あ、あっちにケージがあったわよ。そこで確認して持って行けばいいわ」

とのこと。

 

うそーん 放置かい!!!

 

ちゃんと2匹とも無事でほっとしました。

ニラは怖かったからか おしっこ もらしていました。。

ごめんね、怖かったね。。

 

他の飼い主さんもやってきて、自分たちの猫の状態を確認していましたが

その猫ちゃんも 怖くておしっこ もらしてしまったようです。。

みんな頑張ったね。 本当お疲れ様でした。 無事で良かったよ。

 

その後、空港からタクシーを捕まえ、ホテルに移動~

30分乗車で92ユーロとられました。。高いわ。。

なぜか85ユーロくらいだったのに最後にLagguage代とかで足されて取られたし。

おかしいと思ったから、タクシーの運転手の証明書とかタクシーの番号とか密かに控えていました。笑

でもホテルで聞いたらそのぐらいの料金はかかるねって言われたので、特にタクシー会社に追求することはせず。

オランダもイギリスに負けず交通費高いね~

 

ホテルは大荷物で到着している+レセプションはみんな暇してるのに誰も運ぶの手伝ってくれないし、

私の滞在インボイスが勝手にChinaって書かれてて、「私は日本人なんだけど」って言ったら「別にどっちでもいい」的な対応されたりで。

 

次回は違うホテルがいいかな~って思いました 笑

まぁ他の方のブログを見ても、猫OKのホテルって対応悪いところがほとんどみたいだから諦めて使うしかないのかなって思いますが。。

 

幸い部屋はとても広く、ニラタマ達はしばらく好きなようにさせてあげれました。 f:id:katzeniratama:20160119062057j:plain

 

でもこのあとすぐにペットパスポートを作りにまたお出かけするんだけどね ^^;

 

⑥ペットパスポート作成 に続く