読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス貧乏暮らしブログ    ただし猫つき

貧乏だけど楽しく暮らそうをモットーに頑張ります♪

(嫁) 猫と一緒にイギリスで暮らそう ③輸出準備 (購入・予約)

2015年12月30日 日本出発

 

■使用した航空会社■

KLMオランダ航空

www.klm.

 

実際に書類が順調に揃ったことを確認し、KLMオランダ航空のチケットを押さえました。(関西空港アムステルダムスキポール空港)

調べたところ関西空港からオランダに直通便があるのがKLMオランダ航空のみだったことと、この航空会社さんは動物輸出の経験が豊富でしっかりとしたサポートがありそうだったのでここに決めました。

 

チケットはペットのスペシャルリクエストが必要なため、電話のみの受付になるようです。

※すでにチケットをネットで購入している場合は+電話でリクエストをするようです。

私は確実にペットのスペースを確保してから予約したかったので電話でチケット予約しました。(自分だけのチケットとれても運べないなら意味ないからね(;´・ω・)。。)

 

電話をする際に、ケージの大きさ、ペットの胴回りや長さ、体重等を聞かれるので事前に調べておいたほうがいいです。

オランダ航空はペットの大きさにもよりますが複数の猫を1つのケージにいれて運ぶことが出来ます。(カーゴのみ)

他の航空会社さんは1匹ずつでお願いしますというところが多く+既に私は1匹ずつのケージを買ってしまっていたので、今回は可哀想だけど別々で搭乗させました

 

★私が用意したケージ★

こちらは多くの航空会社の規定を満たしている構造のようで、輸出業者さんからも推奨されたものです。

バリケンネルP-100 

www.petexjapan.com

 

これ以外に、このケージの底の広さと同じのクッションと水入れを買いました。

また、搭乗中万が一寒い時のために、小さな毛布も用意しました。

 

■使用した船会社■

Stena Line 

Welcome | Stena Line

チケット予約はインターネットで行えます。

ペットリクエストがあるので、追加で選択すれば猫の乗船代が加算されて精算できます。 

 

■私が宿泊した猫と泊まれるオランダのホテル■

 Van der Valk Hotel Purmerend

オランダのホテルは日本よりはペットWelcomeですが、犬のみのところが多いので

ペット可でも事前にメールや電話で確認したほうがいいです。

ここは猫OKでした。*追加料金あり

www.hotelpurmerend.nl

ちなみにここに空港からタクシーで向かいましたが

タクシーがめちゃくちゃ高くて30分乗っただけで97ユーロ取られました~ ホテル代より高い。。

 

■ペットパスポートを発行してもらった獣医■

Dierenkliniek Centrum Oost

ここでペットパスポートを発行してもらいました。

メールで問い合わせ、予約をとりました。

※注意

私はここのクリニックでペットパスポートに狂犬病の記載をしてもらえず、オランダ出国の際に検疫で引っかかりました。 詳細は続きで・・・

 

www.dierenkliniek-centrum-oost.nl

 

④日本から出発 に続く