読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス貧乏暮らしブログ    ただし猫つき

貧乏だけど楽しく暮らそうをモットーに頑張ります♪

(夫) 南ロンドンへの日本人誘致

リーマン・ショックでも地価が下がらなかったというロンドン。家賃もベラボーに高くなっていて、日本人が住むような北西(フィンチェリーやアクトン)だと、家賃は今の日本円で換算すると1LDKで25~30万円位はします。今後の円安を期待してちょっとでも多くポンドを貯蓄したい私達夫婦は南ロンドンに住むことにしました。なので南ロンドンの魅力なり、カフェ、食事に関して色々ブログに載せて、日本人の方が今後南ロンドンに住みたいと思ってもらえればいいなと考えています。南ロンドンだと、同じような物件で、3~4万円位は違います。

旅行で訪ねた時はこんな物価の高いところで地元の人はどうやって生活してるんだ、と不思議に思ったものですが、実際に住んでみると所得が少ない人でも割りとちゃんと生活できます。

毎日のように使うスーパー、露骨にレベル分けされていたりします。例えば一番高くて質のよいスーパー、WaitRoseではタマゴ一つあたり50Pしますが、安めのスーパーALDIだと一つ10Pで買えます。恐らくですが、値段の高い順にWaitRose→M&S→TESCO→Sainsubery→ALDI→ASDAでしょうか。私たちはよくALDIにお世話になっており、感覚的に日本で購入するものと同じ量を買うと1/3ぐらいで済んでるじゃないかと思います。
おやつとかも、個別売りとパックで買う(+購入場所も変えて)のでは10倍ぐらい値段が違ってたりするので、不便を楽しむぐらいに色々回ればおやつも安くたらふく食えます。そしてそんな安いスーパーが南ロンドンには多いです。
※ちなみにどのスーパーでも土曜か日曜に商品を入れ替えたり補充しているので、新鮮な食材を購入したいなら日曜に行くのがベストです。

外食も、今ブログ書いてるカフェはWest Norwoodという場所にある

www.zomato.com

というイタリアンのカフェで、1ポッドの紅茶を1.1ポンドで楽しんでます。
※ちなみにスタバは1杯3ポンドぐらいです。

南ロンドンにはアジア人が全く住んでいないため、外国にいるという感覚も高まります。治安も今のところは全く恐怖を感じるような場面に遭遇してないですね。東ロンドンはちょっと若者が楽しむ町、っていう感じでちょっと賑やかすぎましたが、南はもう少し長閑です。

まだ日本人があまり住んでいないため日本食を購入できるような場所はありませんが、ロンドンで住む場所を探される際は是非南ロンドンも視野に入れてみてください。